脳腫瘍が出来たら

2つの違いは一体・・・ガンマナイフとサーバーナイフの比較サイトといえばこちらがオススメです。わかりやすい動画付きです。
頭蓋底等に腫瘍ができたら最新の技術であるサイバーナイフを使って治療しましょう。こちらのクリニックが取り扱っています。

何か身体が悪い、というとき、僕たちは病院に行きます。もし脳腫瘍が出来たら、脳神経外科に行くことになるかもしれません。
――などと、サラッと書いてしまいましたが、脳腫瘍を脳神経外科で治す、というのは大事ですよ。
何せ、「脳神経外科」というだけでも、何だか高度に専門的な細かい感じがビンビンに伝わってくるじゃありませんか?
そこへ持ってきて脳腫瘍ですからね。脳腫瘍――脳に腫瘍ができてる、つまり、脳に出来物があるんですよ。
悪質な細胞が凝り固まった奴が発生して、脳を押さえつけたり、何をしたりしているわけです。もちろん放っておいたら、結果は良くない。

そういうわけで脳腫瘍に関しては外科手術が必要になる場合があります。頭を開いて、実際に腫瘍がある場所までメスで切り開き、鉗子で固定していって、切除する。これが、一連の流れです。

ところで現在、脳神経外科の治療にサイバーナイフという、いかにも新兵器然とした名前の治療機械が導入されたという話を聞きました。
サイバーナイフ、つまり電脳ナイフですね。電脳というのは電子頭脳の略ですから、サイバーナイフというのは、電子頭脳を持ったナイフということになります。
人工知能をもったナイフですね。判断と、それに基づく行動を自発的に行なうことが出来るもの――サイバーナイフとは、ロボット医療機器なのです。

サイバーナイフ。サイバーとは、ナイフとは何なのか?それがどのように、脳腫瘍の治療に効果があるのか。
これらの謎について、次から明かしていこうと思います。

Pas de commentaire »

delinquencyprevention.org le 27 8月 2013

Les commentaires sont fermés.

Trackback URI |